宮崎の四季より

アクセスカウンタ

zoom RSS 「南九州児童文学の集い」

<<   作成日時 : 2005/03/12 14:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

先週の土日は、熊本で行われた「南九州児童文学の集い」に参加してまいりました。
北は山口、南は沖縄からと九州一円はもとより、本州からも来られていました。

雪の心配をしながら、少し早めに家を車で出ました。高速道路情報には規制などの表示はなく安心して車を走らせました。えびのICから熊本までの九州自動車道は26個?あまりのトンネルがある道です。こんな高速道路は他には無いかもしれません。
長いトンネルを抜けると! 「雪国だった・・・」
道の雪は解けていましたが、高速道路を取り囲む山々には雪が輝いています。普通の道路なら迷わず車を止めてシャッターをきるのですが……、高速道ではそうはいきません。
心に景色を焼き付けて車を走らせました。

どうにか熊本に到着。目的の場所を遥か通り過ぎ・・・(駐車場が分からなかった)、謎の場所に車を止めました。(爆)現在地も分からないまま、駐車場に車を放り込みました。(ど汗)
コンビニや丁度見つけた郵便局員の方に道を聞いて、やっと目的地(テトリア熊本)に到着しました。
行き当たりばったりは、今に始まったことでないのでここまでは順調です。
もしかして! と思い、ゆうコンさんに携帯をいれてみました。しかし、まだこちらに向かわれている途中でした。
時間も予定通り1時間前です。テトリア内のレストランで食事をすることにしました。食事を済ませて会場のある9階へ。 沢山のイベントが行われています。会場を探しましたが、まだ時間前なのでわかりません。(この人もそうかな? いや、ちがうな〜)
時間になるまでは、さっぱり分からない状況です。一番奥の人だかりに行ってみると! どうやら、会場はここのようでした。何人かのスタッフの方がお話をしていました。近づいて聞いてみると、30分遅れての開始と分かりました。
待つのだけでも、疲れてしまいました。(爆) 

さっきから気になる男性がいます。思い切って声をかけました。ガタイの良い男性でした。
「あの、もしかして『児童文学の集い』に参加される方ですか?」
「はい、そうです。 もしかして、田中さん?」
「うおっ! そうです! もしかして大木さん?」
「そうです!」
なんと、大塚菜生さまに教えていただいていた方とわかり、驚きました。すぐに名刺交換をしてそれから二人でずーっと話しました。大木さんには、その後もずーっとお世話になりぱなしで本当に助けていただきました。

いよいよ、集いの一日目のプログラムがはじまります。参加者や講師の先生方が入ってきました。
ドキドキわくわくです。宮崎の同人も3名さんかしておられます。僕は近くに呼ばれて席に着きました。
「あの〜、田中ふまさんですか?」
「はい、あっ!」
ゆうコンさまともついに会えました。僕を探して声をかけてくださいました。ゆっくり話す間もなく「集い」ははじまりました。

柿内宏文先生のお話からでした。柿内先生はポプラ社や学研児童書の編集をされていた方でした。
編集の現場から児童書の今を克明に教えていただきました。
今の日本の児童書の出版がいかに厳しい状況であるかを教えてくださいました。時間の関係で三分の一しか話せなかったとおっゃっていました。

今関信子先生のお話がはじまりました。
講座のお話は著作権問題にかかるので、詳しくお話しすることはできません。お許しください。
僕は沢山の先生方と名刺交換をさせていただきました。講演のお話が漏れると次の講演に支障をきたすことを教えていただきました。どうか、ご理解ください。

今関先生は、とーっても明るく元気な方でした! 先ほどの出版の厳しいお話を聞いたばかりで、ちと凹んでいた気分も吹き飛ぶような! そんな方でした。
あの本が出来た創作秘話を交えて、最後まで元気なお話を聞くことができました。

懇親会
会場を移動して懇親会がはじまりました。熊本城を見下ろせるところでした。雪の舞う中熊本城が美しくライトアップされています。(明日帰れるだろうか?汗)
景色とは裏腹に明日の心配をしながらもお酒とご馳走が忘れさせてくれました。(爆)
熊日童話会の方々が「集い」を準備してくださいました。もちろん懇親会もそうでした。
口演童話やオカリナの演奏など、楽しませていただきました。ありがとうございました。

アルコールで気分が良くなった頃、横に女性が来てくださいました。
「大塚です」
「あっ!」
ついに、大塚菜生さまとも、お話できました。突然のことで、しどろもどろになりながらも何とかお話させていただきました。あ〜〜、でも、何をお話したかも覚えていません。(汗)
でも、ステキな方でした。僕よりお若い方でしたが瞳には力強さが、そしてオーラさえ感じることができました。嬉しかったです。
その後、本木先生ともお話しました。
「田中さんの事は伺っております」
「はっ、そうですか……、よろしくお願いします」
大塚さまが僕の事を前もって紹介してくださっていたようでした。感謝……。
恐れ多くて、あまりお話はできなかった? と思っています。
今関先生ともお話しました。同じ「季節風」の同人であることを知ったので、少しだけお話しました。
写真も撮っていただきました。2ショットで撮っていただきました。y(^ー^)yピース!
そのご、もう精神的に疲れてしまいました。やっぱ普通の飲み会とは違いました〜〜。

二次会、三次会。
誘われるまま、二次会三次会も行きました。
じつは、こっちの方が勉強になったりして。
丘先生に思い切って声をかけました。
「先生、明日分科会でお世話になる田中です」
「ほうほう、作品はなんだっけ?」
「はい、『こぶし』です」
「あ〜、『こぶし』は君だったか! もう少し年配の方かと思った」
「……」
僕は以前も言われた事があります。去年「季節風大会」で同じ事を言われました。
「あなたでしたか! 60代の方が書いた作品かと思った」
正直凹みました。ここでも同じ事を言われた・・・・・・。
困っていると、皆さんが口をそろえておっしゃいました。
「それがあなたの持ち味です!」
それでも、僕はどう受け取って良いのか困りました。

ファンタジーについて質問しまくり!
目の前に石崎洋二先生がいました。酒の勢いもあって、僕は質問しまくりました。
「あの、ファンタジーを書きたいのです。以前ファンタジーのようなものを書きましたがちっともおもしろくないのです」
「何枚書きましたか?」
「30枚くらいです」
「30枚でかけますか?!」
「ファンタジーは、細かく説明して描写していかなくてはなりません」
すっごい、勉強になりました!

2日目合評会
いよいよ、合評会がはじまりました。
しかし、時間の都合で合評方式ではなく、丘先生、斉藤きみ子先生、茂手木先生による、口頭の添削という感じでした。
前もって読み込んで感想を書いていたのですが、それが先生方の指摘と一致することがあり、嬉しくなりました。読み込む力が付いていることが嬉しかったです。
また、先生方が理解できないとおっしゃった作品があり、僕はその作品を「おもしろい!」とコメントしていました。で、僕はそのことを正直に話しました。
「僕には映像がみえました」
先生は言いました。「この作品は感覚で読まないと理解できない、児童文学としては?」
なるほど・・・また勉強になりました。
僕の作品が評価されるときがきました。ドキドキです。
「いよいよ、『こぶし』か〜」
「・・・はっ?」
丘先生は、なぜだかそう良いながら、感想を言ってくださいました。おおむね良い評価をいただきました。これには僕が一番驚きました。
もちろん、指摘はた〜くさんありました!
が、沢山の方々に良い意味で色々な意見をいただけのが嬉しかったです。
今の僕を冷静に見て指摘してくださった言葉が、本当にうれしかった。

あっというまに2日間は過ぎ、放心状態のまま家に帰りました。その後発熱三日間寝込みました。
あ〜〜、あまりにも凄い経験に身体も心もパンクしてしまったようでした。
でも、ほんとうに素晴らしい経験ができました。
最後に児童文学者協会のみなさま、熊日童話会のみなさま、ゆうコンさま、大木さま、大塚菜生さま、他お世話になった皆様。本当にありがとうございました。
この経験を次の作品に生かして頑張って書きます。感謝。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ふまさんレポ
先日の「南九州児童文学の集い」についてふまさんがブログ「宮崎の四季より」に読み応えのあるレポをアップされています。残念にもご参加できなかった方に会場の雰囲気が伝わることと思います。ふまさんのサイト「同... ...続きを見る
モモちゃんねる日記
2005/03/16 12:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
拝読しました。
いっぱいいっぱい刺激を受けて、勉強できて、本当によかったですね。
お疲れさまでした。
これをバネにますます創作に活かしていってくださいね!
うらぴょん
2005/03/12 17:58
うらぴょんさま

はい、がんばります! 聞く事感じたことが全て新鮮で頭に焼きつきました。
これだけ勉強したのだからきっと次の作品は良くなるはずです!?
次の作品の構想を練って書きたいと思っています。ありがとうございます!
ふま
2005/03/12 18:37
トラックバックさせてもらいました。
ふまさんと知り合えたのはうらぴょんさまの御蔭ですね♪
菜生
2005/03/16 13:03
菜生さま〜

トラックバックしていただいて、感激です。
本当にそうですね、うらぴょんさまのお陰です!
ぼか〜、本当に幸せ者です♪
ふま
2005/03/16 18:24
(;^_^ A
みんなでそんなにおだてて、どーするんだって(爆)

うらぴょん
2005/03/17 19:14
いや! おだてているんじゃないですよ! 本当のことです・(きっぱり)
でも、何かいい事あるかな? ( ̄皿 ̄)うしししし♪
ふま
2005/03/19 14:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
「南九州児童文学の集い」 宮崎の四季より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる