宮崎の四季より

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅の花

<<   作成日時 : 2007/02/04 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


梅の花が咲きました。
今日の日中はとても暖かくなりました。
あと少しまで書いていた創作もなんとかラストまで書けました。
でも、まだまだです。一週間でなんとか書き上げたいです。

今日は先日聞いたお話をします。
コジュケイって知ってますか? 
「ちっとけい、ちっとけい〜」
と鳴くウズラのような鳥です。その、コジュケイの話です。

友人の母親がまだ元気だった頃。母親が一匹のコジュケイを捕まえてきました。
コジュケイなんて、そうそう捕まえることはできません。なぜ、捕まえることができたかと言うと。
なんと、足に蔓が絡まっていたそうです。その足は大きく膨れ上がっていたのです。
もう、長い間足に蔓が巻きついたまま過ごしていた証でした。
でも、そのコジュケイはやせ細っているどころか、丸々と肥えていたそうです。
どうやら、親鳥か連れ合いの鳥が餌を運んでいたとしか考えられないようでした。
ぼくが、子どものころ。杉林の中の竹を取りに行っていたとき、たまたま足元にコジュケイを見つけたことがありました。
ほんの傍にいるのに、ピクリとも動きません。そーっと覗き込むと卵を抱いていました。
ぼくは本能的にそのコジュケイを捕まえたい! と思い手を出しました。
すると、その親鳥は巣から離れると、羽を引きずりながら歩きだしたのです。
まるで、傷ついた瀕死の鳥のように。
ぼくは、びっくりしました。
親鳥はわが身を盾に卵を守ろうとしていました。
結局その時捕まえることはできませんでした。

コジュケイって凄いです。
夏の頃になれば、雛を連れたコジュケイに出会うこともあります。
小さな毛のかたまりのような雛が親鳥のあとをついていく様子はなんともほほえましいです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小さいころ、家に迷いこんできた小鳥を捕まえて
飼っていました。
ある日、同じ種類の小鳥が籠に入っている小鳥に
木の実をあげているのを発見!
多分、親子なのでしょう。
その後、家族会議をして放すことになりました。
ちょっと、じ〜んってなる出来事でした。
ひめうづき
2007/02/04 21:20
ひめうつぎさん

鳥の絆もすばらしいですね。
そのお話、じーんとします。
素敵なおお話をありがとうございます。

ところで、ひめうつぎさんもウェブリーブログあるのですね。以後よろしくお願いします。
写真もいいな〜。
風馬
2007/02/04 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅の花 宮崎の四季より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる