宮崎の四季より

アクセスカウンタ

zoom RSS 児童文学創作集団 『なきむし わらいむし』

<<   作成日時 : 2008/07/15 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日おもいつきました。

子どものころは、よく泣いていました。
くやしかったり、かなしかったり。言葉に言いあらせないほどの感情は、涙となってあふれていました。

子どものころは、よく笑いました。
うれしかったり、たのしかったり。喜びやうれしい気持ちは、笑顔となってあふれました。

この夏同人を立ち上げます。
児童文学創作集団 『なきむし わらいむし』
ついさきほど、決まった名前です。

プロを目指す志のある同人にしたいです。
まだ、詳細は決まっておりませんが、方針を決めていきます。
どうぞ、暖かい目でみていてください。

子供たちの心にとどく『なきむし わらいむし』にしたいです!

はぁーっ。ついに言っちゃった!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はい。暖かい目で見守っておりますv

( ● ___ ● )ジィー
うらぴょん
2008/07/16 12:49
うらぴょんさまー。
はい、『いつも見ていて』(うらぴょんさまの本)でーす!
よろしくお願いしたしまーす。 それにしても、ジィーって(笑)
風馬
2008/07/16 17:46
「なきむし わらいむし」
児童文学らしい、良いタイトルですね。
yesnid(虹乃)
2008/07/19 01:08
子供たちは、決して饒舌ではありません。あふれる感情と想いをうまく口に出来る子どもはほとんどいません。苦しみや悲しみは涙となります。笑うこともそうだと思います。
ぼくらは、いつしか、想いを言葉に出来るようになりました。だからこそ、いまあの日の想いを書き綴っていけるのだとおもいます。
子供たちの心に添って書いていきたいと願い、「なきむし わらいむし」にしました。
あの日の涙と笑顔を書けるようにと願って。
風馬
2008/07/22 22:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
児童文学創作集団 『なきむし わらいむし』 宮崎の四季より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる