宮崎の四季より

アクセスカウンタ

zoom RSS ただいま! 季節風大会報告

<<   作成日時 : 2012/10/29 11:43   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

久しぶりのブログ投稿です。へへっ

表にはちっとも顔を見せていなかったぼくですが、夏ごろからまた言葉と思いがあふれるようになっておりました。別に裏と言うわけではないのですが、FB(フェイスブック)をやりだして、そこでぶつぶつ思いを書いたりしておりました。(汗) もしよろしければ、FBで田中風馬で見つけてくださいませ。^^;

というわけで、大会に参加しますと名乗りをあげ、作品も意外な速さで書き上げてしまい、10月27〜28日の季節風大会に参加してまいりました。
4回目の参加となりましたが、東京への移動はほんとストレスです。電車の乗換とかもう、わけわかりません。でも、しんへいきスマホでかなり楽になりました。
神の助けか運命か最後の駅についた瞬間、開こうとするドアの前にどこか見かけたことの有るお姿が! なんとうらぴょんさまが目の前に!
ぼくが声をかけると、うらぴょんさまもびっくり顔(笑)
そう、今回「お時間がとれるなら、大会にもきてください」と掲示板でお声をかけていただき、思わず「いきます!」と言う流れで参加することになったのです。
もちろん、それまでにも、書かないでいた、いや、書くことから逃げていたぼくに、色々な形でメッセージやエールをくださった皆様のおかげなのです! (みんなありがとーー!)
で、今回の分科会はうらぴょんさま世話役の「そこが知りたい」分科会に参加することにしておりました。
駅から鳳鳴館までの、迷路ののような道のりを、言葉少なにうらぴょんさまと歩きました。
そうなのです、みなさまにお会いした時、どう話せばいいのだろう? いまさら元気に「おひさしぶりです!」なんて言える気がしませんでしたから……。
ぼくは書かないでいた日々、ほぼ毎日、書かないことへの罪悪感を感じていたのですから。もう、はずかしいやら、なさけないやら。
でも、来てしまったのですから、覚悟を決めて行くしか無いのです。

そして、今回よりによって分科会の受付をすることになっておりました。正直ギリギリまで隠れて、分科会はじまったら、潜り込もうか……。なんて作戦も考えていたほどでしたから。(笑)
でも、おそらく、いや、間違いなくうらぴょんさまの計らいで、玄関にて皆様をお迎えする形になっておりました。ぼくてきには、晒されている心境みたいな。それくらい、皆様に顔を見せるのが恥ずかしくて怖かったのです。
でも、そんなヘタレ風馬の思いとは裏腹に、準備や段取りの忙しい最中、ぼくに会釈や言葉をかけてくださいました。少しずつ心もほぐれていきました。(といってもこの時点ではまだまだコチコチ)
その後、逃げ出したい衝動を引きずるように全体会に参加、早く終われ! と心で呟きながら前の人の背中に隠れるように、全体会の流れに耳を傾けていました。(ど汗)

分科会の部屋に入ってからやっと開放された気分。(笑)
普通は「ああ、いよいよ、合評だ。怖いなどうしよ……」なのに、ぼくは隠れ部屋に入った気分♪
そして、久しぶりの合評がどんなに楽しみだったことか! さぁ、はやくやろう! みたいなノリでした。
「そこが知りたい」分科会は、書いて間もない人も多く、でもすでに出版されているかた、受賞経験のあるかたもいて、ある意味バランスのいい分科会でした。
何よりも心強いのは世話役がうらぴょんさまだったからです。原稿用紙の使い方から、構成のしかた、また、どのジャンルを問わず、的確にポイントをわかりやすく教えてくださいます。
言われる言葉一言一言が心にすとんと落ちました。
参加した皆様の顔と心がほぐれて輝いていく様子が印象的でした。
長く書かれておられる方の作品への評や、アドバイス、指摘はさすがにハイレベル。書き始めたばかりの方が、頭を抱えておられたのを見て、ぼくも同じ気持ちだったのを思い出しました。
自分の作品のレベルというか、こんな作品……。って凹みましたから。でも、それは、書き慣れと技術のもんだいだけで、作品に込めた思いやひらめきは、書き初めの頃と何も変わらないと思いました。書いていれば、物語の形は整ってくるからです。
なので、初心者の方々こそ、この合評でいい意味での刺激を受け書くことの喜びを感じて欲しいとおもいました。
かつてのぼくが、この大会でそうであったように。
分科会のみなさま、本当に楽しかった。そしてありがとうございました!

さて、大会と言えば夜の懇親会、いや、「ぶっちゃけ分科会」と言うべきでしょうか。ただの飲み会なのですが、ここでは、いよいよみんな、作家も肉体労働者も関係なく裸になって「ところで、お前あれ、どうなのよ!」みたいな会話が夜と酒の魔法をかりて、飛び交うのでした。
ぼくも、すっかり魔法にかかり、初めての方や、あれだけ恥ずかしかった方々ともお話出来るようになりました。
分科会の皆様とも、かなりリラックスしてお話して、気になっていたあの方。りえ子様のもとへ、えいっ! と書けより、久々の再会を喜びました。りえ子さまー! はなせてよかったーー!
とは、いいながらも、昔のぼくのように、「やっほ!」といけないでいると、ぼくのそばに、来てくださる方々。(涙)
耕君と話していると、のまちゃんやらあつこ先生やら、とびっきりの笑顔で声をかけてくれました。
イノウエ姉御にもいままでのお礼も言えたし、ご無沙汰していた方ともやっとお話できました。
この時点で80%心は開放されました。
でも、どんなに癒されたことか、どんなに元気をもらったことか。
みなさま、ありがとおおおー!

二日目の合評は3作品。
4人での合評でした。少しさみしい気がしたけど、お陰で中身の濃い合評ができました。
ぼくの作品もたくさん、意見をいただき、嬉しかった。こんなに合評って楽しかったっけ? と思えるくらいでした。
で、実は二日目の人数が少ないこともあり推薦作は一日目に投票しておりました。ぼくの作品も5評いただき、もう一方も五票。で、6票の方が1番。ぼくは、それでも十分満足でした。だって、こんなに書いてないで、それでも今回作品が提出出来たことで十分満足だったからです。1位のかたの作品は文句なしにいい作品でしたから。
ただ、1位の方は季節風会員ではなく、今のところ入る予定がないということで、次席のぼくともう一方がとなり、しかも、その方も会員でなく、入らないとの事……。ぼくは、「これ、書きなおして投稿します!」といっては見たののの……。
なので、こんな形で推薦作となってしまいました。なんか、甘やかされているようで、素直に喜べないでいました。
でも、うらぴょんさまが「とってもよかった!」と言ってくださり救われました。
ぼくの復活作品がこのような形で掲載されえますが、どうかみなさま温かい目で読んでくださいませ。

最後の締めの会で、分科会の作品発表のとき、ぼくの作品をうらぴょんさまが紹介してくださいました。
「宮崎に長いこと引っ込んで、ひさしぶりに顔を出した田中風馬さんの「チキンサラダ弁当」が推薦作となしました!」
顔から火が出るように恥ずかしかったけど、ぼくのかわりに言ってくださって、ありがたい気持ちに泣きそうになりました。
ぼくは、本当に幸せな気持ちでした。

書くことが辛くなり、書くことから逃げれば楽になると思っていました。
でも、一年たっても3年たっても楽にはなりませんでした。
むしろ、ひどくなるばかりでした。
書かないことへの罪悪感、自分の存在意義。ただ、まじめに働いて家族をまもって、それだけ?
日々その疑問がぼくについまといました。
書かないことへの苦しみを救うのは、やはり書く事でした。
書いている時間が気持ちよかった。書きあげた時よろこび。
そして、その苦しみも喜びも共感できる仲間との再会。
そんな、あたりまえの事に何年もかかって、あらためて気づきました。

よかった

ほんとうによかった

書くことにであてえて

書く仲間にであえて

ここがぼくの家だときがついた

やっと いえる

ただいま


ただいまって言うだけで泣くなんて子供の頃いらいかな
まいったなぁ〜。
でも、ただいま〜〜! だもんな〜。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
風馬さん、何か、蝶のように生まれ変わったようですね。二月の勉強会が楽しみです♪よろしくお願いいたしまする
マーメイト゛
2012/10/29 19:19
風馬さん、おかえり〜 
来年もまた呑もうね〜
風馬さんの顔見てうれしくてたまらなかった人、たぶん私の他に、三十人以上はいたと思います(きっぱり)。
来年も宮崎と秋田のお酒、酌み交わそうね〜(脅)
敦子
2012/10/29 20:39
マーメイドさま
もう、書かないと生きていけないとわかりました。だから、書き続けていきますね。つくしの会でも本気出して書いていきます。どうぞよろしく!

敦子さま
ぼくこそ、皆様の笑顔にどれだけ元気をいただけたか、言葉ではいいつくせません。季節風はもちろん、ぼくはこんなに素晴らしい方々にお会いできてよかったと今更ながら感じております。
書き手の仲間はぼくのたからものです。来年も必ず元気をもらいに参加します!
風馬
2012/10/30 18:39
あんちゃん〜 おかえり!
会えて、ほんとに嬉しかったよ。
私のブログにも書いたけど、書く仲間ってほんとに大切です。いっしょに頑張ろうね!
りえ子
2012/10/31 15:39
りえ子さま
ぼくもほんと、嬉しかったです。
昔の仲間に新しい方との出会い。今回も素敵な出会いがありました。全てはりえ子さまとの出会いからでした。なんで児童文学? なんで季節風? と聞かれた時必ずりえ子様との出会いからお話します。今回もそうでした。一緒に頑張らせてください!
風馬
2012/10/31 20:25
あれれ、2013年の大会は、もうすぐだよ。
まだ、申し込んでないでしょ!!
くろさわ
2013/09/15 04:40
くろさわさま
はいそうでした! 今申し込みました><
そしてくろさわさまはどなたなのでしょう? 上京したら正体を明かしてくださいませ〜!
風馬
2013/09/15 17:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ただいま! 季節風大会報告 宮崎の四季より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる