宮崎の四季より

アクセスカウンタ

zoom RSS つくしの会 下関 宴会(ふぐ料理)

<<   作成日時 : 2013/02/17 21:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あっ! 宴会の話をせねば……。

はい、そうなのです!
ぼくは、ついにあのふぐ料理を食べたのです。テレビのグルメ番組でよくみるあの光景です。
今回の下関でのつくしの会の準備をしてくださった山本さんの計らいで今回ついに、ふぐを食べることができました。

画像


写真はコースに付いていたものですが、実は山本さんのご主人がふぐの大皿をご馳走してくださったのです。
残念ながら写真はないのです。でも、まさにあのテレビで見る光景をご想像していただければ……。

「これ、どうやってたべるんですか?」

「どっちのタレ(ポン酢?)につければいいのですか?」

などと、ご馳走を目の前にパニック状態(笑)
皿の絵がすけてみえるふぐの切り身をそっと箸ですくい取り、小ネギをのせ、ポン酢にくぐらせます。
口に入れるとさわやかな風味、噛めばふぐの味が口いっぱいに広がりました。

「かっーー、うまいっ!」

これがふぐか〜。河豚って言うけど、あの味わいは肉を食べているような味わいも感じました。
ここ宮崎で言えば、地鶏の刺身に近い感じです。

ふぐちりも、ふぐの唐揚げも、雑炊も、すべて旨かった〜♪
なぜ、写真が無いかというと……。
はい、すみません。食べるのに夢中でして、撮る余裕がありませんでした。

料理はもちろんですが、久しぶりに再会したみなさまと酌み交わす酒は本当においしかったです。
がまりんさまのご主人。つくしの会名誉会員(宴会部長)さまが盛り上げてくださいます。

「焼酎いきますか!」
と、お湯割りをなれた手つきで作ってくださいました。
つくしの会には、もう無くてはならない方です!

お酒が入るとまた、創作についての話も一味変わります。
あんな、こんな裏話も聞けて、それはそれで勉強になりました。もちろん、他言無用!
つくしの会だからこそ、聞けるお話です。

そうそう。いつか、河童の会のみなさまとも合同でこんな会ができたら! なんて話もでていました。
それもいつか、実現できたらな〜と思います。

宴は続き、宴会場を出てがまりんさまご夫妻の部屋で二次会。午前二時前までおじゃまさせていただきました。
まったくみなさま元気すぎて(笑) 朝まで行けそうな感じでしたが、翌日も合評があるので……。

あの日の楽しさは、ぼくの駄文などでは説明しきれませんが、本当に楽しく有意義な時間でした。
窓から見えた関門海峡の景色は忘れることはないでしょう。
いつか、家族でいきたいな〜と思っております。

翌日、一作だけの合評でした。ぼくらの作品はすでに終わっていたので、きっと気がきじゃなかったかな?
でも、時間をかけてたっぷりできました。

みんなで昼食をいただき、集合写真も撮っていただき、名残を惜しみながらも解散となりました。
来年は熊本の黒川温泉。今度は車で行こう。
一年なんてあっという間。それまでに腕を磨かなきゃ!

最後になりましたが、事前の準備からお世話になった幹事のみなさま。本当にありがとうございました。
そして、自費で来てくださるうららさま、井上先生に心から感謝しております。
つくしの会のみなさま、久しぶりの参加でしたが、温かく迎えてくださってありがとうございました。
今回残念ながら来れなかった方にも、来年の黒川温泉でお会いできるのを楽しみにしております。

また、拙いブログを最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
これで、つくしの会IN下関のお話は終わりです。
ほんとーは、帰り道も色々ありましたが……。これは、どこかでお会いした時にでもまたお話しましょう(笑)



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つくしの会 下関 宴会(ふぐ料理) 宮崎の四季より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる