宮崎の四季より

アクセスカウンタ

zoom RSS 季節風大会

<<   作成日時 : 2004/10/30 16:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先週の土曜日、意を決して季節風大会に参加すべく東京に行ってまいりました。
久しぶりの飛行機、今までに一回しか乗ったことの無い地下鉄、大都会の駅の様相は僕の知っている田舎の駅とは大違いでした。緊張しながらも、何とか電車を乗り継ぎながら、目的地の春日駅に到着。地図で現在地を確認しながら「大栄館」にたどり着きました。
昼ごはんを食べ損ない、そのまま受付で、「宮崎から来ました。田中です。よろしくお願いします」
ニコニコと迎えてくださったのは、野澤様でした。(後で分かったことです)
誰が誰やら・・・・・(どの方が、作家様で?)
僕には皆さんが作家様に思えました。皆さん顔見知りの方が多いらしく、あちこちで賑やかに話しておられました。
さて、いよいよ。全体会の始まりです。
後藤竜二先生から、紹介が始まりました。(あの方が、八束澄子さんなんだ)そんな感じでした。
そして、後藤竜二先生が、「田中さん来てる?」と言われて。
「はい!」と僕は頭を下げました。
「宮崎から来られた、田中さんです。『田のかんさー』の田中さんです」と紹介までしていただきました。(はずかしかった・・)
その後、すぐに格、分科会に、分かれました。僕は八束澄子先生の「なんでもあり」分科会に参加しました。用は、何でもOKの分科会でした。僕にはまだ、児童文学のジャンルもちゃんと認識できていないのです。参加者は十人でした。
八束澄子様の作品は、たまたま近くの本屋で購入していた夏休みの課題図書「海で見つけたこと」を読んでおり、また分科会でお世話になる予定だったので、「リターンマッチ」も拝読しておりました。どちらも、素晴らしい作品でどんな方か楽しみでもありました。
明るい声と、優しい笑顔の方でした。
改めて自己紹介を済ませて、合評会に入りました。僕は皆さんの作品を一回しか読んでおらず・・・・現場で読み返しながら・・と言うような状態でした。(反省しております)
でも皆さんの作品を一読して・・・「凄い作品ばかり!季節風は凄いや!」と思っていました。
そんな僕が、他の方の作品に「どうだ、こうだ!」なんていえるわけありませんでした。
ただただ、皆様の意見に耳を傾け「うんうん、なるほど〜」と感心ばかりしていました。
やがて、僕の作品に対しての合評が始まりました。
レポーターの方が、ポイントを押さえながら鋭く評価してくださいました。「そかそか!なるほど〜!」
心から「ありがたい・・・」と思いました。
一読して素晴らしい作品でも、皆さんは、その方のために色々な厳しい指摘をされておりました。
同人誌の合評会は、褒めあいでもけなしあいでもなく、「もっとよくなれ!もう少し先を!」というような、まさに、切磋琢磨という言葉がぴったりのものでした。
生まれて始めての合評会は、そんな印象を受けました。

夜は懇親会がありました。僕は持っていておいた「黒霧島」(焼酎)を後藤先生に手渡しました。気が付いたら、あっという間に空になっていました(笑)
アルコールも進み、僕葉いつもの調子であちこちの方に話しかけました。もちろん、目の前にいらっしゃる八束澄子様にも・・僕が一番驚いたのは、児童文学界の最先端で活躍しておられる方ばかりなのに、皆様とても気さくな方ばかりということでした。
「先生と言ったら罰金だよ!」ともおっしゃれていました。
八束さんのデビュー秘話や、後藤竜二さんのあんな話や、こんな話・また、高橋秀雄さんの、子供の頃の話などなど・・・聞いてるだけで勉強になりました。
一番印象に残ったのは、まるで修学旅行のように、後藤先生と二人で同じ部屋の天井を見上げながら、色々お話できたことでした。(こんなことあり?)
一年前の僕に、今の僕の姿が想像できたでしょうか?僕はこの二日間で信じられないような凄い経験と感動を頂いたのは言うまでもありません。
創作の書き方や、勉強会などは、一切ありませんでしたが、普段僕が思っていることをお聞きしたところ、「そうだよ」とおっしゃっていただきました。
「これで良いんだ!やっぱりそうなんだ!」
確信と更なる気力を感じました。

なんとも、ぜんぜんタメにならない報告でしたが・・・・こんな報告で許してくださいませ(汗)
今回僕が感じたことや伺ったことは、ぜひとも次の作品に生かして行きたいと思いました。
がむしゃらに、書くだけです。ありのままに、書き続けます。

あっ!最後に凄い名言を聞きました。
「物語は語らず、作者は語る・・・・・・」
書いておられるとかは、分かると思いますが・・・・・
自分の頭の中では理解している大事な事を物語の中に書いていない。
「で、ここはどうなの?」って聞くと
「ここはね、実はこうで、あーなって」
・・・・・・・結局、作者が語る羽目になる・・そんな言葉でした。
僕は、ピクッと反応してしまいましたとさ・・・やれやれ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごぉい!!色々勉強になったんだね(^。^)v私には難しいけど、好きなことを深く追求できるっていいよね♪また更なる飛躍をお祈りしています!!
kinta
2004/11/04 23:10
kinta
いつも、ありがとう!ここの書き込み少ないんだよね・・・(笑)
とことんやるのは、俺が子供だからかな? はは^^
夢や好きなことは、とことんやって行きたいね〜〜!
kintaもがんばれ〜〜\(~o~)/
ふま
2004/11/07 16:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
季節風大会 宮崎の四季より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる