宮崎の四季より

アクセスカウンタ

zoom RSS 第35回季節風大会

<<   作成日時 : 2013/10/28 16:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大会が迫ってきた頃、どなたかがこのブログにコメントを下さいました。

「大会の受付まだしてないでしょう」

今年も正直迷っていました。今年も一回しか投稿できなかった…。
でも、そのコメントに背中を押してもらいました。今回で5回目の大会参加です。

作品も書き上げ、皆様の作品を読んでいる頃、台風のニュースが次々に。
さすがに今回は行けないかもしれないと諦めかけていました。
作品が書けただけでも良しとしよう。それだけでも十分満足でした。
でも、創作の神様のお陰でしょうか。台風はそれて無事東京へ!

少しの緊張はありましたが、去年ほどではありませんでした。
今年もいろんな方から声をかけて頂いてどれほど嬉しかった事か。
総会が始まると、上座には眩しい作家の方々が。いつみても凄い光景です。
こんな方々とこれから作品に付いて語り合えるなんて……。
今でこそ、そう思いますが。最初の頃は何とも思っていなかったのでした……。
それでも、そこが季節風なんだと自分に言い聞かせます。
そして、各分科会へ!

今年は『名無しの分科会』でした。
世話人は佐野久子さんと飯田朋子さんでした。メールで挨拶すると「この分科会は後藤さんの意志を引き継ぐ分科会です」とのお言葉でした。
もちろん、他の分科会もそうだと思います。でも、この言葉に感激しました。
そして、合評が始まるとその言葉の意味が見えて来ました。
合評はもちろんですが、雑談の中にその意志を強く感じます。
どんな風に? ははは、教えません!
行けばわかるからです。それは感じる事ですから。

佐野さんと飯田さんのコンビもいいし。なんというか居心地が良すぎます。
なので、合評の意見も言い過ぎ? と思えるくらい言ってしまうのです。ですが、言い過ぎた事さえも、「さっきはごめんね」と笑い合って言えるのです。
人の心を開かせる、開放してしまう。そんな分科会でした。
5カ所目の分科会でしたが、お世辞抜きでいい分科会でした! 
佐野さん飯田さん、参加したみなさま。ありがとうございました! ほんと楽しかったです!

夜の懇親会は久しぶりの再会と新しい出会いの場所でした。毎年そうなのですが、一番の楽しみです。(笑)
書き手の仲間に感じる事は、日常の友人や職場の仲間達に感じるものとは少し違う気がします。
なんというか、親族や家族に感じるそれと同じと言えばしっくりきます。
日常やお互いの近況などそれほど分からなくても、もっと深い所でつながっていると思えるのです。
出会った回数や時間を超えたなにか。
そんな仲間と呑んだり話したり出来る。それが嬉しいのです。
肩をたたいたり、誰にでも話せないこともふと話せてしまいます。
お酒のせいもあるかもしれませんが、自分の家と同じくらい素の自分でいらます。
いや〜。楽しかった。元気をもらえた。みなさんありがと〜!

ほろ酔いで部屋に帰ると、5人部屋は一人だけ寝ておられました。
そっと布団に潜り込んで寝ます。でも、なんとなく寝付けない。
同じ部屋のTさんと一言も話してなかったからです。
Tさんは書き初めのころから応援してくださっていました。色々なアドバイスも頂いていました。

「今度こそ書きます!」

もう何度言ったことでしょう。
でも、いつも書けずに嘘を積み重ねていました。だから、話せなかった。
どの面下げて、いまさら何を話せる……。

すると鼻歌を歌いながらTさんが部屋に戻ってきました。
そうとう酔っておられました。ドタバタとおぼつかない足取りの音でわかります。
独り言をいいながらもご機嫌そうでした。
もちろん僕は寝たふりでした。

「おい風馬!」

「は、はい」

「冗談だよ、起きなくていいよ」

なんか、嬉しかった。本当は話したかった。
あはは、と笑いながら何も言えませんでした。
しばらくドタバタとしながら、やっと布団に潜り込みました。
そうとう酔っているのが分かっていたので、すぐに寝ると思いました。

「あのままじゃだめだ。あれを参考にするといい……」

「はい」

すぐに寝息に変わりました。
もっと具体的な言葉でしたが、もちろん僕にかけてくれた言葉でした。
なんだか、うれしくて……。泣けてしまいました。
こんな奴をまだ見捨てないで、言葉をかけてくださいました。
僕は幸せものだと改めて感じた瞬間でした。

二日目の分科会も終わり、片付けをしながらさくらさんと話しました。

「ここでの二日間は夢の時間のようだ。翌日から日常に戻ると、あれは夢だったのでは? と思ってしまう」

そんな話をしました。
ただ、一年が過ぎてまたここに戻った時は前回の大会の続きの日のように感じるのです。
あっちの世界とこっちの世界。そんな錯覚に陥るのです。
どっちも僕の大切な世界です。季節風大会に行くと「ただいま」と思えるのはそのせいかもしれない。

来年は迷わずに大会に参加できる自分でいたいな。
もう、約束はしないけど。来年は違う気がします。作品をひっさげて行く気満々の僕が見えます。
いや、それだけはない、もっと上を目指している僕がここにいます!
せっかく道を教えてもらったので、行くしか無いです。

「やっと、その気になったか!」
と声が聞こえてきそうです。

行ってよかった。
行けてよかった。
みなさま、本当にありがとうございました!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第35回季節風大会 宮崎の四季より/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる